クレジットカードのキャッシングの方がいい

バブル崩壊以降、景気の低迷は続いており、その間も景気回復や成長が見られましたが、国民の家計にとってはなかなか実感のあるものではありませんでした。現在期待されているアベノミクス効果も一般市民には実感のあったものではなく、しかも臨時給付金や特例子育て世代の臨時特例給付金なども一過性のものであり、継続して実感できるかといえば、全く違いがあると言えます。

また、バブル崩壊後の不景気の特徴として、デフレ経済が主流になっており、それがスパイラルに陥った事がさらに助長したと考えられます。やはり成長やその実感が無ければ、一般消費者の財布からの支払いは高いものはなかなか売れません。それに伴って安いものが主流となり、消費者はその安かろう悪かろうの商品に対しての付加価値を求め始めるのですが、その付加価値はもちろんコストもかかるので、安い価格で商品を作れる訳がありません。

そしてまた、その安い商品を作るために、人件費の安い中国などの国に生産拠点を移していった事で、安い価格には対応できるかも知れないけれども、日本国内の産業の空洞化を招いた事によって、さらに日本経済を圧迫してきました。景気の回復基調にあるといわれても何かと一般国民から増税や、そして税金の政治家や官僚、そして公共事業などにおいて無駄遣いが次から次へと発覚する状態に対して不満を持っており、その体質も含めてしっかりとした問題定義と調査、そして対策を実行する事が日本経済の回復にも結びつくと考えられます。

そして今現在、アベノミクス効果による、経済の回復基調があるのならば、一般消費者も冷静に考えて、安かろう悪かろうの商品を求めるばかりの体質も変えていかなければならないところです。その中で、一般消費者の家計は圧迫するばかりの現状では、消費者金融や銀行などでのキャッシングに手を出す事が結構多いようです。

そして一度手を出してみるとそうした事が繰り返し行われ、知らないうちに借金が膨れ上がり返せない状況に陥ってしまう事も少なくはありません。しかし、そうしたキャッシングでも歯止めを利かす方法はいくつかあり、そうした金融の個人情報を管理している組織があるのですが、その組織に対してカードを使えないようにする事をお願いし、その効力でのキャッシングの停止などもできます。

また、最近では銀行をはじめ流通業界などで、その固体ブランドでクレジットカードを発行しているところが多いです。そしてもちろんそのクレジットカードでキャッシングをする事ができますが、通常の消費者金融などのキャッシングのみの利用のカードではなく、クレジットカードが主体のキャッシングの方が利率面でも優遇されている事が多く、またポイントがつくものが殆どなのでそういったカードを使って、賢くまた、計画的に利用する事が良いでしょう。

トレンドサイト